ベルリンでのワーホリ生活 ベルリンでの住民登録や銀行の口座開設、語学学校探しなど、現地での生活情報

Top > ベルリンでのワーホリ生活 > ベルリンの交通機関の種類と乗り方

ベルリンの交通機関の種類と乗り方

種類と乗り方

ベルリンは坂道が少ないので自転車での移動もオススメですが、電車・地下鉄・バス・トラムと交通網もとても発達しています。

ベルリンの電車・バス・トラム乗り場に行くと必ず目にするBVG(VBB) というマーク。このBVG(VBB)という会社が全て経営しているのか(厳密には違うかもしれないけど)電車・バス・トラムのチケットは共通で、通常の片道チケット購入の場合2時間以内であればどれに何回乗っても大丈夫(ただし往復は不可)。自転車を一緒に乗せることもできます(要自転車用チケット)。

BVGの鉄道案内では、終電などの路線案内が確認もできてとても便利です。ぜひ利用してみてください。

地下鉄券売機

これは地下鉄の券売機

打刻機

打刻機

■ 電車(Uバーン・Sバーン)

まず、Sバーンというのが電車、Uバーンというのが地下鉄です。

Sバーンの路線は東京の山手線のような環状線と、その真ん中を走る中央線のような形をしています。Sバーンは、Uバーンよりも駅の間隔が広くスピードも速いので、ベルリンの西側から東側へ行くような場合は、Sバーンを利用した方が早く目的地に着くことができます。

乗り方

どちらも日本のような改札口は無く、そのままホームまで入ることができます。

ホームの両端に黄色い(Sバーンは赤か白)券売機があるので、そこでチケットを買ったら、券売機の近くにある打刻ボックスにチケットを入れて打刻します。

Uバーンの場合、ホームの駅のプレートにも電光掲示板にも次の停車駅の表示は無く、かろうじて電光掲示板にその路線の終着駅の名前が表示されているので、 どっち行きなのかをそこでチェック。慣れないうちは面倒くさいです。

■ バス

バスがとても便利なのは夜中。電車の終電を逃してしまっても、バスは運行している場合があります。(私は、夜中クラブに行くときに、よくバスを使っています。)

乗り方

乗車する時にまだチケットを持ってない場合は、運転手のいるドアから乗り、買いたいチケットの種類を告げてお金を払い、発行されるレシートのようなチケットを受け取ります。

夜8:00以降運行のバスに乗る場合は必ず運転手のいるドアから乗り、チケットを提示することが義務づけられています。目的地がアナウンスと共に電光掲示板に表示されたら、近くにあるボタンを押します。

■ トラム

トラムとは、路面電車のことですが、旧西側では廃止されてしまったため、旧東側の地域しか走っていません。トラムは道路を走るのに、専用の線路を走っているためあまり渋滞が関係ないのが良い所です。

乗り方

乗車する時にまだチケットを持っていない場合は、車両の真ん中付近にある券売機で買って、近くにある打刻ボックスで打刻します。

トラムの中にある券売機はお札が使えないので、あらかじめ小銭を用意しておきましょう。目的地がアナウンスと共に電光掲示板に表示されたら、近くにあるボタンを押します。

検察員について

各交通機関の乗り方の所に「打刻」としつこいくらいに書いていますが、この「打刻」やりわすれるとちょっと面倒です。

電車もバス(夜は有り)もトラムも改札が無いかわりに、抜き打ちで人がチケット拝見にやってきます。このチケット拝見の人たちのことを「検札員」というのですが、私服の場合が多く、見分けることができません。ある駅から突然乗り込んで来て急に検札が始まります。

ここで切符を持っていなかった場合や、持っていても打刻していなかった場合、日本のように足りない料金を払えばいいというような優しい扱いではありません。

即罰金で、40EUR。いきなりキセル扱いです。

「旅行者なのでシステムを知らなかった。」というくらいでは大目に見てもらえないので注意したほうがいいでしょう。