ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > ベルリンでの住まいの種類と探し方

ベルリンでの住まいの種類と探し方

ドイツに出発する前に、ホテルではなく、長く滞在できるシェアルームやアパートなどを決めてしまえると気持ちがかなり楽です。

ドイツでの滞在形態として、以下のようなものがあります。ワーホリの場合、シェアルーム(WG)と1人暮らしが一般的です。

シェアルーム(以下WG)

部屋が3つとか4つとかの大きなアパートを借りて、そこに何人かで一緒に住む形態で、 プライベートルームはあるけど、キッチン、風呂、トイレ、などは共同で使うという仕組みです。

ベルリンでは友だちや恋人だけに限らずお互いの条件が合えば、まったく知らない人とのシェアも珍しいことではありません。

他人との同居なので、当然、整理整頓などに気を使いますが、不動産の管理会社や大家さんと契約するよりも手軽に物件が見つけられますし、既にネット回線などの生活環境が整っていることが殆どなので、生活を始めるのが楽です。

ただし、退室時に揉めないように、入居時に保証金や光熱費のことなどを文書などにして、はっきりしておくことをオススメするのと、その部屋で住民登録してもいいかどうかを確認しておきましょう。住民登録ができないと、携帯電話も買えなければドイツの銀行口座の開設もせきませんので。

1人暮らし

これは日本でする1人暮らしと同じです。

日本とちょっと違うところは、住んでいる人が、その部屋を引き継いで住んでくれる人を探しているという話しをよく聞く点です。

この引き継ぎで次に住む人のことをNachmieter:ナハミーターといいます。Nachmieterの場合、不動産管理会社介さずに大家さんから直接部屋を借りることができるので仲介手数料分がを支払わなくてもいい場合が多いです。

あとは、ドイツでは住んでいるうちは壁を塗ろうが、絵を描こうがOK。部屋を出るときに壁を真っ白に塗り、リノベーションをして元通りにして返せば問題ないそうですが、Nachmieterで部屋を引き継いでもらう場合は、部屋を出る人、引き継ぎ住人、大家さんで部屋を見て、リノベーションしてから入るか、現状のままで入るかを決められるそうです。

大家さんとの契約なので、こちらで収入がある場合はその収入証明、収入が無い場合は預金証明(少なくとも英文)が必要になりますので、日本を出る前に準備しておくことをオススメします。

1人暮らし場合、先ほど出てきたNachmieter以外にも、Zwitschenmieter:ツヴィッシェンミーター(期間貸し)、Untermieter:ウンターミーター(又貸し)など募集もよく聞きます。 これは、その部屋の住人にある一定の期間その部屋を借りることになるので、殆どの場合が家具付きで大家さんとの賃貸契約も必要ないことが多いので普通に部屋を借りるよりも比較的借りやすいです。

ホームスティ/学生寮

この2つは、現地の(語学)学校に委託するか、あとは日本の留学サポート会社に委託する形になります。

(語学)学校に委託する場合は、まずは、自分の選ぶ学校が滞在先の斡旋をしているかどうかを確認しましょう。(「ベルリンの語学学校一覧」)でベルリンの語学学校を紹介していますのでご参考にどうぞ。留学サポート会社については、ご自分で問い合わせてみてください。

部屋を探す上で注意したいこと

1.家賃

ドイツの家賃の表現の仕方として、「Kaltmiete:カルトミーテ」「Warmmiete:バームミーテ」があります。

Kaltは家賃のみの金額、Warmは光熱費込みという意味です。他に、Nebenkosten:ネーベンコステン(雑費)などもある場合があるので、「結局トータルで幾ら払えばいいのか」ということをはっきりと確認しておきましょう。

よくある勘違いなのですが、Warmmieteは光熱費込みの家賃ですが、だからといって電気やガスを使い放題というわけではありません。多く使った分は1年のうちの清算月(12月とか1月)には、追徴金として請求されます。

ドイツは日本と比べて光熱費が高いので、ドイツ人の後に日本人が入ると、必ずと言っていいほど追徴金を支払うことになります。気にせずにお湯や暖房をジャンジャン使っていると追徴金が1,000EURなんてことになりかねないので、日ごろから節電・節水を心がけましょう。

2. 保証金

これはドイツ語でKaution:カウツィオンといいます。日本の敷金みたいなものです。もし、部屋を出る場合何も無ければ返してもらえますが、滞在日数で償却される場合もあります。日本と違い、多くの場合は返却してくれるので「いつ、どんな方法で返してもらえるのか」をちゃんと確認しておきましょう。

3.暖房

ドイツの冬は寒いので使い勝手のよい暖房を選ばないと凍えます。

暖房の種類として、Zentralheizung:ツェントラルハイツング(電気制御)、Gasheizung:ガスハイツング(ガス)、Ofenheizung:オーフェンハイツング(石炭、薪)などがあります。

Ofenheizungは、家賃が安いことが多いのですが、火をつけるのにコツが必要ですし、灰の処理などメンテナンスが面倒な上に煙突掃除代などを共益費として請求されるので、思った程安上がりではありません。

日本からドイツの部屋さがし

日本からの部屋さがしの場合、mixiのドイツ(ベルリン)関係のコミュニティや、「べるりんねっと」さんや、あっとベルリンでの告知「気軽に告知板」など、日本人のコミュニティで探す方法が比較的早くみつけられます。

その他には、あっとベルリンで「日本人オーナーのベルリンのアパート」を紹介していますので、タイミングによっては空きが無い場合もありますが、日本語でのやりとりで部屋が決められますので、とても安心です。よろしければご利用下さい。