ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > ベルリンの生活費とアルバイトの時給

ベルリンの生活費とアルバイトの時給

ワーホリの計画を考えはじめると、ワーホリ資金はどれくらい必要なのか? ということが気になります。

私が実際ベルリンで生活した際にかかった費用を計算してみました。娯楽費は含まれていません。

ベルリンでの生活費(1ヶ月)

家賃:
267EUR(水道代込み)
電気代:
24EUR
ガス代:
47EUR
ネット代(DSL):
26.9EUR
語学学校代:
185EUR
定期代:
52EUR(※AB地区 学割 )
食費:
185.59EUR:2人分(自炊)
計747.49EUR

私の場合、2人暮らしでしたので「家賃」「電気代」「電話基本料金」「ネット代」「食費」は、この金額の半分を負担しているので、だいたい457.69 EURですが、1人暮らしの場合は、この787.49EURが1ヶ月分の費用と考えていたほうが安全かもしれません。ここに携帯電話の料金や交際費、娯楽費なんかが加われば、もうちょっと高くなりますね。

これは日々の生活費ですので、ワーホリ全体の費用と考えると、ここにドイツまでの航空券代と1年間の保険がかかります。(>>1.ドイツ・ワーホリ用航空券についてと、月別の価格推移) (>>2.ドイツ・ワーホリ用の海外旅行保険に入る)

ちなみにベルリンのお部屋の相場としては、1部屋アパートで350EUR、WG(シェアルーム)で250EUR以上はみておいたほうがいいでしょう。もちろん目玉物件もありますが、そういうところは競争率が激しいです。

以下は私がベルリンで生活して日本よりも高いと思ったもの、安いと思ったものです。ベルリンの物価のご参考にどうぞ。

ドイツで高いと感じたもの、安いと感じたもの
安い 高い
食材
じゃがいも2kg - 約2EUR
桃1kg - 約1.5EUR(夏)
日本米10kg - 約20EUR
ビールはコーラより安いです
外食
レストランの場合、日本より少し高めになります。要チップです。INBISS(インビス)という簡易的な食堂のようなお店で1品4EUR~程度 。
スキンケア用品
日本でも人気のWeleda、Dr.Hauschka、Logona、Lavera、Lavereなどは日本の半額に近い価格 。女性には嬉しい!
光熱費、公共料金
電気、ガスなどの光熱費は日本と比べて高いように感じます。ドイツ人の目には日本人の通常の使い方だと、かなり使いすぎに映るようです。「暖房は11月まで使わない、食器はできるだけ水で洗う、毎日は湯船に湯をためない」など光熱費の清算で超過料金を請求された人は節約を心がけている人が多かったです。
カフェ
ミルクコーヒー - 2.5EUR
コーラ - 1.5EUR など
ソフトドリンクは全て500円~という日本のカフェよりは安いです。スターバックスのような所はちょっとお高めです。
文房具
100円ショップに慣れている私たちにとっては、ドイツの文房具はちょっと割高。しかも、ボールペンなんかは日本のものの方が質が良いように感じます。
学費(語学学校)
ピンからキリまであります。安いところであれば、週5で100EURなんてところも。
電化製品
同じ性能のものは日本で買った方が安いです。

ベルリンでのアルバイトについて

以前は、ドイツのワーホリは労働できるのは90日間と決められていましたが、現在では最長1年間の滞在期間の範囲内であれば制限なく働けるようになりました。ベルリンに来ている日本人のアルバイトの場合、日本食料理屋で働いている人が多く、その場合時給は大体6EUR程度のようです。

8時間働ければ1日50EUR程度にはなるので、生活費を助けるのにはまずまずの金額になりますね。しかしお店によってはランチタイムのみのアルバイトなど、働ける条件はさまざまなので、実際に働いてみないことにはどれくらい稼げるかは想像もつかないのが本当のところです。

ちなみに私の友人でも、1日6時間だったり3時間だったりと働くお店によってバラバラですので、短い時間しか働けなかった場合も考えて資金を準備されたほうが良さそうです。