ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > 英文の残高証明書を取っておく

英文の残高証明書を取っておく

ドイツで1人暮らしを考えている方は、英文の残高証明書は出発前に準備しておきましょう。

私たち外国人がベルリン(ドイツ)で賃貸契約をするときに必要な書類に「現在からさかの ぼった3ヶ月分の所得証明(給料明細)」というのがあります。ワーホリで滞在中でも仕事をしていない人や、仕事をしていても所得が低い場合は、日本にある預金を証明するものの提示を求められることが多く、その場合英文の残高証明書が必要になります。

現在、残高証明書を含む個人情報の取寄せについては、情報漏えいなどのセキュリティ関係上、電話での申込みを受付けてもらえず、書類に記入して郵送での申込みが必要な場合が多く、受取りに関しても銀行に登録している住所までしか送ってもらうことができないということが珍しくありません。

ドイツに出発してしまった後の申込みになると、まず証明書を日本の家に郵送してもらい、日本の家からはドイツの自分のところまでは家族などに頼んで送ってもらうことになってしまい手間も時間もかかってしまいます。

部屋を借りるときに、「預金額が証明できるものならなんでもいい」と言ってくれる大家さんに当たった場合は、インターネットバンキングの預金名義と預金情報が閲覧できるページをプリントアウトして持って行けばOKなこともあるそうなので打診してみるのもいいでしょう。