ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > 国際キャッシュカード比較とクレジットカード

国際キャッシュカード比較とクレジットカード

現在、海外旅行やワーホリ、留学などでは国際(海外)キャッシュカードでお金の管理をするのが一般的です。とても便利なので、海外旅行をされる方などは、もう既に使っているという方も多いと思います。

しかし、ワーキングホリデーの資金の全額を1つのキャッシュカードで管理するのは盗難や紛失のことを考えると危険です。できれば、口座を2つに分けるか、キャッシングが可能なクレ ジットカードを準備されることをオススメします。
コラム・ATMにカードが飲込まれた!

国際(海外)キャッシュカード比較

複数の銀行で国際(海外)キャッシュカードのサービスを提供されていますので、海外のATMで現金を引出す時にかかるレート変換手数料と引出手数料を各キャッシュカードごとに比較してみました。新規申込みや、見直しのご参考にどうぞ。

国際(海外)キャッシュカード比較
銀行 レート 出金手数料 ネットワーク その他
スルガ銀行(スルガVISAデビットカード) VISAインターナショナルが定めたレート+3% 210円/回 PLUS なし
新生銀行(インターナショナルキャッシュサービス) VISAインターナショナルが定めたレート+4% 0円 PLUS なし
楽天銀行(楽天銀行デビットカード) VISAインターナショナルが定めたレート+2.94% 0円 PLUS 年会費1,000円
シティバンク(バンキングカード) 提携機関が定めたレート+3% 210円/回 CITI BANKのATMほかPLUS, STAR, NYCE, HONORなど e-セービング口座なら無料
りそな銀行(りそなVisaデビットカード) 提携機関が定めたレート+2.5% 0円 PLUS 年会費1,000円
※VISAデビットとは

VISAデビットカードは、通常のキャッシュカード昨日に加えて、即時払いのクレジットカードとしてVISA加盟店であれば国内・海外を問わず使用できるカードです。預金額=限度額なので使いすぎることがなく安心です。お買い物利用の場合はVISA決済でポイントも たまります。

*キャッシュカード、クレジットカードの手数料などについては、必ずお申込み前にそれぞれの銀行やカード会社のウェブサイトなどでご自分でお確かめください。

ワーホリにクレジットカードが必要な理由

ワーホリ中に旅行をされる方は特にクレジットカードが必要な場面が多いです。いろんなサービスの予約をネットからする場合、クレジットカード でしか払えない場合も多いです。

●格安エアーのチケット

ドイツに銀行口座を持っていない場合、支払方法はクレジットカードのみになります。

●電車(DB)のチケット

予約後に自分でプリントアウトするオンラインチケットはクレジットカードでないと購入できません。

●ホテル・ホステル

部屋代は現金で支払うとしても、デポジットの支払いでクレジットカードを要求される場合が多い。

●レンタカー

レンタカーを借りると きには必ずクレジットカードが必要になるそうです。VISAデビットカードでは断られる場合もあるそうです。

それ以外でも、クレジットカードのキャッシングができれば、キャッシュカードの紛失・盗難時は、再発行までの間の急場をしのぐこともですます。

※海外でのクレジットカードの利用には暗証番号が必要になる場合があります。出発前に確認しておきましょう。

ネットバンキングで即時返済できるカードを持っていると便利

クレジットカードでのキャッシングの場合、国際(海外)キャッシュカードで引出すときにかかる「為替レート変換手数料」や「引出し手数料」はかかりません。

キャッシングで心配なのが利息ですが、Jiyu!daカード(年会費無料)は、インターネットバンキングを使って引落し日前に返済ができるクレジットカードなので、できるだけ早く返済すれば国際(海外)キャッシュカードを使ってお金を引出すよりもお得です。

キャッシングにはネットバンキングで即時返済できるJiyu!da! カードが便利です
1EUR = 120円でJiyu!daカード(年利18%)でキャッシング時の利息
300EUR×120円=36,000円×0.18=6,480円÷365=利息:約18円/1日

即時返済についてですが、返済はカード会社に決済が上がらないとネットバンキングから返済はできないそうで、実際にベルリンの街のATMでキャッシングしてみた所、決済が上がるまでに約4日程度かかりました。

それでも18円×4日=72円程度なので、国際(海外)キャッシュカードの変換手数料や引出し手数料よりも安くすみます。新しくアパートを契約するときや、語学学校の授業料をま とめて支払うなどのように1,000EURレベルのまとまったお金を扱うときは、Jiyu!daカードでのキャッシングと即時返済の組み合わせがお得な方法かもしれません。

ただし、お買い物での利用の場合、場所によっては決済が上がるのが1ヶ月後という場合もあるそうです。

jiyu!da! カードの即時返済方法

「OMC Plus」という会員ページにログイン後、左側ナビゲーションメニューの「ご入金受付 [Pay-easy(ペイジー)]」から全額入金ができます。

[Pay-easy(ペイジー)]から提携インターネットバンキングを使っての返済の場合、返済のための振込み手数料は無料で す。

※Macユーザーの場合、firefoxでは[Pay-easy(ペイジー)]がうまく機能しないことがありました。safariでは機能確認済みです。

※メンテナンス時間はネットバンキングでの返済入金ができませんので、時間を確認しておいたほうがよさそうです。

>Jiyu!daカードのサイトはこちらから

*キャッシュカード、クレジットカードの手数料などについては、必ずお申込み前にそれぞれの銀行やカード会社のウェブサイトなどでご自分でお確かめください。

コラム・ATMにカードが飲込まれた!

ATM

これではないのですが
見た目はちょうどこんな感じ。

私はベルリンで実際にクレジットカードを飲込まれたことがあります。私のクレジットカードを飲込んだATMは路上にむき出しで置いてあり、直射日光が当たりまくっているATMで、使う前から、何だか少しイヤな予感がしたのですが、何度も使っているATMなので大丈夫だろうと思い、カードを入れ引出額を選びました。

ベルリンのATMも日本のものと同様、先にカードが返却されてからお金が出てくるのですが......カードが詰まって出てこない......。

ATMはカードを排出するそぶりを見せながらも爪の先でつまむのがやっと。何度か中途半端に出たり入ったりした結果、結局つまみ出すことが出来ず吸い込まれて行きました。

暗証番号を3回間違えるとカードが飲まれるという話しは聞いていたのですが、私は正しい暗証番号を入力していたので、このときは明らかにATMの不具合によるもの。

家に帰りすぐにクレジットカードのサポートに電話し、飲込まれたことを伝え、そのカードはそこですぐに凍結。カードは再発行してもらうことになりました。

私の場合は、飲まれたのがクレジットカードだったので、カード会社の盗難・紛失のサポートに電話をして、その時点で現在のカードは使用停止し、新たにカードを発行してもらうだけで済みましたが、これが銀行のキャッシュカードだった場合もうちょっと大ごとです。

私の友人は、1枚の国際(海外)キャッシュカードで預金を管理していましたが財布と共にカードを紛失。

まだベルリンに着いたばかりで知人もおらず、ドイツの銀行口座も開設前。国際(海外)キャッシュカードは紛失した銀行のもの1枚しか持っていなかったので、再発行して手元に届くまでベルリンで現金を引出すことも出来ない。

クレジットカードも持っていなかったのでキャッシングも出来ないという窮地で、親からの為替海外送金が届くまでの1週間弱、家にあった米やパスタの麺を駆使して飢えをしのいだそうです。

クレジットカードを海外での紛失や盗難に合った場合、現地で再発行してくれるサービスがある会社もありますが、国際(海外)キャッシュカードの紛失の場合は再発行手続きをとっても、ほとんどの場合が登録住所までしか郵送してもらえません。

この「カード飲込まれ事件」は日本にある預金の1点集中管理は危険だと思い知った事件でした。