ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > ドイツ語の参考書、どれを買えばいい?

ドイツ語の参考書、どれを買えばいい?

ドイツ語の勉強を始めたとき、どの参考書がいいのかが分からなくて、使い切れないくらい文法の本を買いました。ですが、そんなに買っても、いつも使うものは決まってるんですよね。

ドイツ語単語集★
電車の中での勉強にはいいが、必須ではない
ドイツ語文法★★★
必須!基本です!
ドイツ語問題集★★★
練習問題を解くと単語を覚えやすい!
ドイツ語会話集★★
口語的な言い回しを覚えるのに便利
★は必要度

ドイツ語の参考書の種類は、上の通り。もしこれに付け加えるとしたら、独検用の問題集くらいでしょうか。

私が思うに、ドイツ語単語集は、持っていても持っていなくてもどっちでもいいと思います。むちゃくちゃ勉強する気がある人なら、持っていても活用できるかもしれません。でも、文法の勉強をして、問題集を解いているだけでも、目新しい単語 はバンバン出てきます。最初のうちはそれを覚えるだけでも大変です。

あっとベルリンおすすめ目的別ドイツ語の参考書

会話集

普段の生活での会話に使えるものがたくさん載っていて、初心者には、かなりハードルの低さを感じさせてくれる会話集です。日本語と、ドイツ語の対比があり、目で見るだけで理解できるようになっています。

文法

私が初めて買ったドイツ語文法の参考書です。本当に初級者向けの文法の本。ドイツ語の難解な文法の覚えやすい方法などが、手書き風に書き込んであったりと分かりやすいのです。

文法

練習問題が多く載っている参考書を探していたときに見つけた本です。文法中心ですが、練習問題も多くバランスがいい本です。初めて買う人向き。

問題集

ゼロから始めるドイツ語シリーズの問題集です。文法の説明はなく、1冊まるまる練習問題のみです。ちゃんと覚えているかどうかのチェックになります。

文法

なかなか普通の初心者向けの参考書には載っていないような、細かい文法の説明が載っています。ドイツ語に少し慣れてきた頃に欲しくなった参考書です。

文法

ドイツ語の文法が分りやすくまとまっています。ドイツ語を既に少しは学習して基礎が分っている人のための文法や語法の参考書です。

問題集

文法と問題集が合体している本です。問題・文法・単語も十分に載っていて、私が一番ドイツ語の勉強に使った本です。そんなに分厚くなく(約1cm)、サイズもB5版なので、何と言っても勉強がしやすい!

問題集

軽めの文法説明がある問題集。

ドイツ語参考書リスト