ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > オーペア制度を活用して少ない資金で長く滞在

オーペア制度を活用して少ない資金で長く滞在

オーペアとは?

100万円単位の貯金をつくるのはなかなか難しいことですが、「オーペア」なら少ない資金でドイツに最長1年の滞在が可能です。

小さな子供のいるドイツのホストファミリー宅で一緒に生活して、子供の世話や家事の一部をお手つだい(基本週30時間程度)をする代わりに、部屋 (プライベートルーム)と食事を提供してもらい、お小遣いをもらいながら最長1年間ドイツで生活する。というプログラムです。

もちろん、お手伝い以外の時間は自分の時間になるので、語学学校に通うこともできるし、遊びに行くこともできます。

場合によっては、語学学校の学費をホストファミリーが負担してくれることもあるようです。(ただし、これはホストファミリーによってだそうです。)

オーペア参加者の権利
プライベートルームでの滞在(ホストファミリー宅)
1日3度の食事
お小遣い(260ユーロ~/月 程度)
語学学校に通うこと
ドイツ国内での健康保険への加入
4週間分の有給休暇(1年滞在の場合)

語学学校の費用は、ホストファミリー側で負担するかどうかというのは任意だそうなので、自己負担の場合もあるようですが、上記に書いたそれ以外の費用は、基本的にホストファミリー側で負担してくれるそうです。

しかし、オーペアに参加するためにはある程度の条件をクリアしていなければいけないようです。

オーペア参加者の条件
年齢:18歳~24歳まで(ただし、オーペア参加期間に25歳の誕生日を迎えるのは可能だそうです)
ベビーシッターなど、小さな子供を世話した経験が多少あること
日常会話程度のドイツ語会話ができること(ホストファミリーとの意思疎通が多少なりともできること)
ドイツに約1年の滞在が可能なこと(10ヶ月~12ヶ月だそうです)

基本的に子供の世話をするわけですから、子供が好きでないとオーペアには向きません。

子供の世話を他人に頼むわけですから、ベビーシッターの経験がまるでない場合や、ドイツ語での簡単な意思の疎通ができない場合、親としては子供を預けるのは心配ですよね。なので、もちろんドイツ語力もある程度は必要となるわけです。

しかし、オーペアを迎えたいというホストファミリーの中には、日独夫婦の家などもちらほらあるそうで、その場合家庭内での会話は日本語を使って欲しいという要望がある場合もあるようです。

ホストファミリーの探し方は日本にもいくつかオーペアのマッチングサイトがあるので、そちらで確認してみるのがいいでしょう。