ドイツ・ワーホリの準備 ワーホリビザの取得に必要なものや、スムースにビザを取る手順、日本で準備しておいた方が良いものなど

Top > ドイツ・ワーホリの準備 > 3.ワーホリビザの申請

3.ワーホリビザの申請

ドイツのワーホリのための航空券をとり、保険に加入したら、次はワーホリビザの申請です。申請には下記のものが必要です。

1. 記入済みのワーキングホリデー・ビザ申請書1部と誓約書

申請書と誓約書についてはドイツ大使館サイトで揃います。

2. パスポート(ビザの有効期限が切れた後、なお3ヶ月以上有効期限の残っているもの)

まだ取ってない人はお早めに。新規の場合、土日・祝日を除いて1週間程度(約10日)かかるとのこと。その他必要書類、申請場所は外務省のサイ トに詳しく載っています。

3. 写真1枚(4.5 x 3.5 cm で写真上の顔の大きさ3.2 cm~3.6 cm)

規定どおりに写っているかのチェックが厳しいので証明写真の機械ではなく、写真屋に行って撮ることをおすすめします。

4. ワーホリ用の往復航空券又は予約確認書

いずれもコピーは不可だそうでオリジナルを提示。

5. 2,000EURの預金証明

通常は、本人名義の預金通帳で大丈夫です。通帳が無いタイプの預金口座(新生銀行など)の場合、その銀行が発行したもので預金額が明記してあれば証明書として認めてくれます。

片道の場合や、短い期間の往復チケットの場合は、通常の倍額の4,000EURの預金証明が必要になります。

6. 滞在予定期間をカバ-する保険に入り、保険料が既に払い込まれた証明になるもの(インボイスなど)

ビザ申請時までに保険の申し込み・払い込みが済んでいない場合、ビザ取得に約10日かかる上に、もう一度大使館に行くことになりますので、保険は先に入っておくことをオススメします。

ドイツのワーホリビザ申請が可能な海外旅行保険は(>> ドイツ・ワーホリ用の海外旅行保険に入る)のページで紹介しています。

ビザの申請場所

新潟/長野/山梨/静岡から北海道までに居住している場合は東京のドイツ大使館に事前に大使館のサイトより予約をとってから出頭します。それ以外の地に居住している場合は、大阪のドイツ総領事館でのみ申請可能です。郵送での申請は行っていないので、必ず本人の出頭が必要です。ドイツに到着後にもワーキングホリデー・ビザの申請が可能になりました。自分の滞在先住所(住民登録地)管轄の外国人局にて申請してください。