ワーホリ中の旅行 ワーホリ中のドイツ国内旅行やヨーロッパ旅行に役立つDBの割引サービスやヨーロッパの格安エアー、格安ホテル検索

Top > ワーホリ中の旅行 > 旅行費用を抑えるための格安ホテル選び

旅行費用を抑えるための格安ホテル選び

ホテルは予約サイトを利用したほうがお得!

ホテルは電話や駆け込みで部屋を取るよりも、ホテルの検索サイトを使ってインターネットで予約する方が断然安く、正規宿泊料金から数十%も割引されていることも珍しくありません。

ネットでのホテルの予約をする場合、デポジットの支払いのためにクレジットカードが必要になるので必ず準備しておきましょう。VISAかMasteであれば殆どの場合使用可能です。

日本語で検索できるホテル検索サイト
BOOKING.COM

割引率も高く、各ホテル詳細ページに、そのホテルの地図が表示されるので、ロケーションを確認しやすいです。また、その街の観光スポットまでの距離なども詳しく記載されているので、自分の旅行に合わせたホテル選びをすることができます。

HotelClub

こちらも割引率が高く、急に決めた旅行の場合は「直前予約」で高価なホテルを半額以下で予約できる場合があります。booking.comよりもホステルの検索結果が多いような気がします。

宿泊料について気を付けること

提示されている金額は、1人あたりなのか、1部屋あたりなのか?

かなり高級なホテルでない限り、プライベートルームの場合は1部屋あたりの宿泊料が提示されているのであまり心配はないのです が、オンシーズン・オフシーズンによって変更がある場合がありますので念のため確認したほうがいいでしょう。

シーツ代、タオル代は込みなのか?

シーツ代、タオル代は、プライベートルームを多く持っているホテルの場合は、殆どが無料ですが、ドミトリー(相部屋)が多いホステル(バック パッカー宿)などの場合、別途請求される場合があるので、インフォメーションを確認しましょう。

朝食付き?

格安ホテルで出てくる朝食はパンとコーヒー程度と思っておいて間違いないので、朝食代が別途かかるようであれば、わざわざ朝食を付けるのではなく、近くのカフェでカフェオレとサンドイッチでも食べた方がいいと思います。多分同じくらいの金額でもう少し美味しいものが食べられますよ。

ホテルのロケーションについて

ホテルを出る時間が早朝の場合は、中心地に近いホテルが安全です。中心地に近いホテルは宿泊費が高い傾向にあるのですが、起きる時間や準備にかかる時間、駅や空港までの移動時間とその手段、旅行される場所によっては、公共の交通手段が動いてない場合もあります。遅れた場合、最悪チケットの再購入です。

それらのことを考えると、中心地に近いホテルの方が比較的交通網も発達しているし、非常時にタクシーを使っても安く上がるので、大きな差でなければ中心地に近いホテルをおすすめします。

ホテルの設備について

キッチンの有無

キッチンがあれば、朝晩に関わらず自炊することができるので節約にもなりますし、温かいものを好きな時間に食べることができます。

物価の高い国への旅行の場合はキッチンがかなり重宝します。

コインランドリーの有無

2〜3泊などの短い旅行の場合は、途中で洗濯をする必要はないと思いますが、それ以上の旅行になると洗濯も必要になるので、コインランドリー付きのホテルだと便利です。

ランドリーサービスよりも格安ですし、手洗いよりも衣類が傷みません。コインランドリー付きのホテルは、洗剤は大体フロントで買うことができます。